×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

早漏

男性特有の悩みやコンプレックスとして、早漏というものがあります。早漏とは、一体どのような症状を持つもののことを言うのでしょうか。早漏とは、セックスの際に、女性の膣内に挿入してから30秒以内、または1分半から2分以内に射精をしてしまうという症状のことを早漏といいますが、おおまかには女性の膣内に挿入してから射精までの時間が非常に短い場合が早漏です。

早漏原因

早漏を治療したり防止したりするには、まず自分の早漏の原因を知ることが先決です。早漏の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。早漏の原因には、いろいろな要因があります。精神的なものが早漏の原因になっている場合もあれば、全身の疾患が早漏の原因になっている場合もあります。また、加齢が早漏の原因になることもあります。精神的なものが早漏の原因の場合は、どんなことが考えられるのでしょうか。早漏の原因として、ストレスなどの精神的なものが考えられます。また、それがひどくなるとEDになってしまうことも十分に考えられます。亀頭がとても刺激に敏感すぎる、というのも早漏の原因のひとつです。その他、EDが早漏の原因になるということも十分に考えられます。EDは勃起障害であり、本来早漏とあまり関係ないように思えますが、本人は「また萎えてしまうかもしれない」と焦りがちなのです。これが精神的ストレスになります。

早漏治療

パートナーとの大切なコミュニケーションであるセックスで早漏はマイナスです。そして早漏は、精神的なものや体調などにとても左右されやすいため、完全に早漏を治すということはできませんが対症療法的な治療方法はあります。亀頭が刺激に敏感である場合には、亀頭が刺激に強くなるように早漏治療を行うことができます。この早漏治療の方法は、亀頭の表面の皮膚を刺激に強いものにしたり、亀頭にダーマライブという薬を注入する方法です。亀頭の表面の皮膚を刺激に強くするという早漏治療の方法は、例えば、包茎のケがある人に行うことができる早漏治療です。亀頭が露出しにくい包茎のため刺激に弱いというわけなので、亀頭を常に露出した状態にしておくことにより、亀頭を刺激に慣れさせるようにするというのが、この早漏治療のねらいです。